【貧血】


貧血がある=鉄分の不足ですね。
血液中の鉄分が不足すると、身体の隅々まで充分に酸素が届かなくなります。この状態が貧血ですね。

鉄分は、肝臓で貯蔵されて、血液が壊れても骨髄が再吸収してくれています。
だから、普通の食事をしていれば、貧血にはなりにくいのです。

それでも貧血で鉄分が足りないというのは、やっぱり食事ということになるのかな。

例えば、ダイエット。
食べないでやせるのは、命にもかかわることなので、緑黄色野菜をおかずにご飯を食べるようにお勧めします。
緑黄野菜には、鉄分も微量元素もありますよね。

造血をしなければならない妊娠中や、血液が壊れる病気になっていたら、鉄分の多い食品を積極的に取るのが一番です。
玄米・小麦胚芽・ひじき・わかめ・ごま・切干大根・納豆・きなこ
調理には、鉄で出来た鍋やフライパンを使い、お湯も鉄瓶で沸かす。

動物性のレバーは、鉄としての吸収は良いのですが、
他のミネラルを一緒に排泄してしまうという調査結果が出ているようで、
鉄だけではなくて、いろいろな微量要素も大切にしたいということで、
やはり、植物性の食品がお勧めですね。

食べ方に戻る
生きることに戻る
TOP
果族物語
りんご
なし
ぶどう
めろん
さくら
余市ニュース
バックナンバー
QA
食べる
生きる
雑学
北の果族便り
Twitter
WEBSHOP
販売一覧
ヤマト運輸
佐川急便
LINK
更新履歴
メールフォーム
MAIL
inserted by FC2 system